[PR]このサイトにはプロモーションが含まれます。

医師の転職理由ランキング14選とその背景は?上手い転職理由の伝え方や転職成功のコツ

医師転職理由_アイキャッチ画像

医師の転職理由で多いのは?

医師はどんな理由で転職を考えるの?

という悩みを抱える人は多いでしょう。

労働時間が長く、患者の命に係わる負担も大きいこともあり、医師の離職率は他の業種と比べても高いと言われています。

転職するきっかけや理由はさまざまですが、初めての転職の場合は特にどのようなタイミングで、どう転職すればいいか分からずに悩んでしまうこと多いです。

そこで、今回は医師の転職理由や転職した方が良い人の特徴、おすすめの転職方法などについて詳しく紹介します。

医師 転職 理由をまとめると
  • 肉体的にも精神的にも負担が大きい医師の転職率は高い
  • 人間関係や給料アップだけで転職するのは危険
  • 医師は病院以外にも産業医などの選択肢もある
  • 転職成功を実現するには転職エージェントの利用が必須

医師の転職理由は「家庭と生活事情」が最も多い

医師転職理由_家庭と生活事情

医師の転職理由の中で、最も多いのは家庭と生活事情と言われています。

例えば、結婚や出産、引越しなどと転職をやむを得ずに転職を考える医師が多いです。

特に、女性医師の場合は、結婚をすると家庭との両立が求められたり、子供ができると今までの生活環境の変化から、自宅近くの転勤場所や職場に託児所がある環境などを求める医師は多いです。

世間では転職に対する悪いイメージを持つ人は多いですが、実際に転職をして給与アップや職場環境が改善されてストレスなく働けるようになるなど、転職をするメリットは大きいです。

ただし、転職をしても必ず今よりも状況が良くなるわけではないので、慎重に検討するのが大事です。

医師の転職理由ランキングトップ14選

医師転職理由_ランキング

記事の冒頭で説明した通り、医師は他の業種よりも比較的転職の回数が多い傾向にあります。

医師が転職を考える理由はさまざまですが、ここでは医師に多い転職理由を紹介します。

読者

他の医師も自分と同じような悩みを抱えて、転職を考える人は多いです。

医師の転職理由①勤務負荷

医師は緊急手術や患者の容態の対応、オンコール、当直など、心身ともに負担となる業務が毎日続くことがある業種です。

これは勤め先の医療機関によっても大きく異なりますが、大学病院のような大きな病院ではオンコールや当直、緊急手術などが頻繁に発生することが多いです。

厚生労働省の「医師の働き方改革について」では、医師の全体の4割が月80時間の残業を強いられていると発表しています。

日々の激務に心身ともに耐えられなくなり、転職を考える人は多いのです。

医師の転職理由②職場環境・人間関係

職場環境や人間関係で転職を考える人も多いです。

これは医師に限ったことではなく、どの業種でも転職理由のランキング上位に入ります。

上司や同僚との仲が悪かったり、上手く馴染めなかったりなど、職場環境や人間関係が悪いの仕事に行くだけでもストレスになってしまいます。

キャリアを考えるとそのまま今の職場で働いた方が良いことも多いですが、人間関係のストレスから解放されて、今よりも楽に働いている医師も多いです。

医師の転職理由③給料アップを実現したい

給料アップも一般的な転職理由の上位に入ります。

医師は他の業種と比べても平均年収が高いですが、勤める施設によっても大きく異なります。

例えば、中央社会保険医療協議会「第23回医療経済実態調査の報告(令和3年実施)」によると以下のようになります。

分類 医師の平均年収
医療法人 1,506万円
公立病院 1,472万円
社会保険関係法人 1,427万円
公的医療機関 1,384万円
国立 1,323万円
診療所 1,078万円

このように、施設ごとに医師の給料はバラバラで、同じ業務でも年収が大きく異なることが多いです。

年収の高さや安定性を求めて医師になった人は多く、今よりも給与アップを実現するために何度も転職をする人は多いです。

医師の転職理由④開業医になりたい

医師として働く人の中には、将来的に自分で病院を開業したいという意志や目標を持つ人は意外と多いです。

開業医を目指しているのであれば、スキルアップや経営のノウハウを身に付ける必要があります。

また、実際に開業したい地域が決まっているのであれば、その地域に転職をして繋がりを作ったり、その地域の特性を知ることを理由に転職する人も多いです。

医師の転職理由⑤専門性を高めたい

医師は職場によって担当業務が全て決まっていたり、手術件数が少ないなど、日々単純な作業を繰り返すだけの現場もあります。

これでは、医師としてのスキルアップは難しいでしょう。

今後専門医として活躍したいという理由から、スキルアップのためにより高いレベルの職場や環境、指導医が在籍している職場への転職を考えることは多いです。

医師の転職理由⑥結婚・育児

結婚や育児も一般的に多い転職理由の一つです。

結婚や出産という大きなライフイベントがあると、これまでの生活環境やスタイルがガラッと変わります。

今まで勤めていた病院を辞めて、休みを取りやすい職場や自宅近くの職場、子育てママが多い職場など、子供がいても働きやすい環境に移ることを考える人も多いです。

また、子供が小さいと正社員で働くことが難しく、スポットやアルバイトとして働きながら育児や家事をこなす医師も多いです。

医師の転職理由⑦企業で働きたい

医師はクリニックや病院などの医療機関に勤めるだけでなく、製薬会社や一般企業に勤めるという選択肢もあります。

企業に勤める産業医であれば精神的な負担も少なく、残業もほとんどないため、快適な作業環境を実現するために産業医を検討する医師も多いです。

医師の転職理由⑧医師を辞めたい

医師は精神的にも肉体的にも負担の大きい業種ということもあり、医師という職業を辞めて他の職種への転職を考える人も多いです。

医師の転職先は病院だけでなく、医師免許やこれまでのキャリアを活かせる職種は多いです。

例えば、産業医や保険会社の社医、メディカルドクターなど、病院での勤務不満を感じながらも医師としての仕事にやりがいを持っている人は、医師免許を活かせる職種への転職がおすすめです。

医師の転職理由⑨やりがいを感じられない

医師は病院の方針が変わったり、就職した時の環境とは異なる環境になることも多いです。

例えば、スキルアップを見越して就職したのに手術に関わらせてもらえないなど、自分のやりたいことや目標が叶えられないというケースもあります。

このような場合に、仕事に対してのやりがいを感じられず、転職を考えることも少なくありません。

医師の転職理由⑩勤務時間が長く疲労が溜まりやすい

医師はオンコールや当直など、頻繁に動くことが多く、残業も多くなりがちな職種です。

大学病院などの大きな病院では特に毎日残業するのが当たり前な環境のところも多いです。

勤務時間が増えればその分年収アップにも期待できますが、心身ともに休めずに負担がかかり、耐えられずに転職を考えるというケースも少なくありません。

医師の転職理由⑪引越し・転居

「地元に戻って医師として働きたい」「結婚を機に都市部から地方へ引っ越すことになった」などの引越しや転居が理由に転職を考えるケースも多いです。

また、地方の場合は都市部と比べても求人数が少ないことが多いので、事前に転職先を探しておくようにしましょう。

医師の転職理由⑫勤務先がなくなる

医療現場の人手不足や多忙さにより閉業をせざるを得ない状況に陥る病院もあります。

勤務先の施設が無くなれば、今の職場がなくなるため転職先を考える必要があります。

また、医師は常に人手不足に悩まされていますが、すぐに自分の条件にピッタリな転職先が見つかるわけではないので、注意が必要です。

医師の転職理由⑬他職種に転職したい

医師になってから、他職種に挑戦してみたいなど、他職種に転科したいという理由です。

医師が他職種に転職する時に多い選択肢としては、産業医や製薬会社など医師経験を活かした転職が多いです。

全くの別ジャンルに転職する方も当然多くいます。

医師の転職理由⑭違う科に転科したい

整形外科や皮膚科など、他のジャンルに転科したいという理由も少なくありません。

ジャンルによって働き方や勤務内容は大きく異なるため、医師に多い転職利用となります。

【転職理由】医師の勤務負担が大きくなっている背景

医師転職理由_背景

医師は他の業種と比べても業務過多になりやすい業種です。

では、なぜ医師は業務過多になりがちなのでしょうか?

ここでは、具体的な要因について解説していきます。

読者

医師の働き方改革をめぐる動向と課題は大きな社会問題にもなっています。

拘束時間が長い

医師は平日だけでなく土日祝も現場で働くことは多く、労働時間が長くなりがちです。

これにより、休日に友達との予定が合わなかったり、プライベートの時間が確保しづらくなるケースが多いです。

令和元年 医師の勤務実態調査」によると1週間で60時間以上勤務している男性医師が41%、女性医師が28%という結果が出ています。

また、医師は勤務時間とは別に宿直や日直の待機時間などが加算されるため、結果的に週に80時間以上勤務していることになります。

雑務が多い

医師は患者の容態の対応や手術だけでなく、診療以外の管理業務やデータ入力業務なども近年増加しています。

雑務やペーパーワークや多くの医師の負担となっており、年代が上がるにつれ院内の会議や委員会の負担感が高まります。

通常の診療にプラスして雑務やペーパーワークが増えていることも、業務過多になりがちな理由と言えるでしょう。

異動を命じられることが多い

大学病院などの大きな医療機関に勤務している場合、数年単位で転勤や異動を命じられることも多いです。

転勤や異動が多いと、家庭環境に悪影響を及ぼしてしまいます。

日本医師会の調査によると、約3割の医師が医局人事から離れたいと感じているようです。

当直・当直明けの連続勤務

医師は当直から当直明けと連続して勤務することも多く、このような勤務形態で心身共に疲労が溜まり、転職を考える人は多いです。

当直から当直明けの勤務となると、連続して30時間以上の労働時間になることも多く、寝不足や業務負荷により判断力が低下してしまう可能性も大きいです。

医師の業務では小さなミスが患者の命を左右してしまう現場でもあり、長時間労働は精神的にも大きな負担となります。

高齢化による医療ニーズの高まり

高齢化が進む日本では、医療従事者の需要が高まっています。

特に夜勤においては勤務に対応できる医療従事者の数は少なく、緊急の対応が発生した場合に休息が取れなくなることも多いです。

不規則なうえに余裕もない勤務形態により、医療従事者の負担が大きくなっているのです。

オンコール対応

主治医制の場合は24時間365日PHSを離さずに持ち、患者の容態に対応する病院も多いです。

この場合、休日でも常に気を張って生活しなければいけなくなるため、負担に感じる人は多いです。

医師で転職すべきか悩んでいるなら条件や今の職場を客観的に評価する

医師転職理由_悩んでいるなら

医師は他の業種と比べても業務負担が多かったり、給料や待遇に満足できずにいる人も多いです。

しかし、「転職に失敗したらどうしよう」と転職になかなか踏み切れずにいる人も多いでしょう。

このような悩みを感じているなら、転職で後悔しないために転職するうえでの条件と今の職場を客観的に評価することが大事です。

転職後の未来の姿を想像する

転職をしたら給与はどうなるのか、人間関係のストレスがなくなるので、自由に休みを取りやすくなるのかなど、自分がどうしても譲れない条件を明確にしておくことが大事です。

この条件が曖昧だと、転職しても「転職しないほうがよかった」「やっぱり前の職場の方がよかった」と後悔してしまう可能性が高くなります。

また、転職をしても必ず自分の希望にマッチする施設が見つかるとは限りません。

客観的に評価すると今の職場環境が良い場合もあるので、一度客観的に考えてみましょう。

転職した方がいい医師の特徴

医師転職理由_特徴

ここでは、転職した方が良い医師の特徴について紹介します。

読者

転職成功を実現させたいなら、情報収集と条件も明確化は必須です。

転職した方がいい医師①心身共に疲弊している

現在の労働時間や業務過多が影響して心身共に疲弊しているのであれば、転職を考えた方が良いでしょう。

そのままの状態が続いてしまうと、体調を壊してしまったり、十分に睡眠が取れない影響で心が病んでしまう可能性が高いです。

実際に、鬱や睡眠不足に悩まされる医師が多く、手遅れになる前に転職を考えた方が良いかもしれません。

転職した方がいい医師②思い描くキャリアプランと乖離している

現職では自分が思い描くキャリアプランと乖離しているのであれば、転職をおすすめします。

例えば、手術などの経験やスキルアップを実現したいなら民間の病院よりも大学病院などの大きな施設の方が向いています。

逆に、開業医などを目指しているのであれば、民間の病院や小規模の病院で経営に関する知識を身に付けるのが良いでしょう。

自分の思い描くキャリアプランに合う施設であればやりがいを感じやすく、モチベーションを維持したまま働きやすいです。

転職した方がいい医師③給料が割に合わない

医師は診療の他にも雑務が多い業種でもあります。

今の職場の労働時間に対して給料が少ないと感じているのであれば、転職がおすすめです。

ただし、給料のみで転職をしてしまうと、業務過多や人間関係によって何度も転職を繰り返すことにもなりかねませんので、要注意です。

転職した方がいい医師④家庭と両立できない

結婚をして家庭と両立しながら働きたいなら、転職した方が良いでしょう。

正社員としてこれまで通り働く場合、家庭と両立するのは難しいです。

常勤でなくても、非常勤やスポットなどで自分のキャリアを活かしながら家庭と両立して働ける職場はたくさんあります。

ですので、これをきっかけに転職を考えても良いかもしれません。

転職や退職のおすすめの方法

医師転職理由_おすすめの方法

医師の転職理由の上手い回答例
  • 学会等の交流会に参加する
  • 転職サイトや転職エージェントの利用

学会等の交流会に参加する

交流会や学会に参加することで、医師とのコネクションを作ることができます。

そこから、転職のお誘いや他医院の紹介など選択肢を広げることもできます。

そのため、転職や退職を考えている際にはおすすめの方法となります。

転職サイトや転職エージェントの利用

転職サイトや転職エージェントを利用することで、転職をスムーズに進めることができます。

転職する前でも、探すだけで今より好条件の求人がたくさんあるかもしれません。

医師の転職理由で使える回答例

医師転職理由_回答例

ここでは、医師のよくある転職理由から、具体的な回答例を紹介します。

医師の転職理由の上手い回答例

読者

転職理由をそのまま伝えてしまうと、面接官に悪い印象を与えてしまう可能性が高いため、良い印象を与えるように上手く変換することが大事です。

医師の転職理由の上手い回答例①業務過多

オンコールや当直から当直明けなど、業務過多が影響して転職をするのであれば、次のような理由に変換して伝えるのが良いです。

医師の転職理由の上手い回答例
  • 体力的に負担が大きく、今後のキャリアについて考える時間が確保できない
  • 今後のキャリアを見直した方が良いと思ったから
  • 緊急での患者対応やオンコールが多く、体力的に辛いから

医師の転職理由の上手い回答例②給料アップ

給料アップを考えて転職を希望する人は多いです。

「給料がもっと欲しいから」と直接伝えても相手に良い印象を与えることは難しいので、以下のように変換して伝えましょう。

医師の転職理由の上手い回答例
  • 子供の教育費や介護貯金など、より待遇の良い環境に転職をしたいから
  • 自分のスキルや経験に見合った高い給与を目指したいから

医師の転職理由の上手い回答例③職場環境・人間関係

職場環境や人間関係を理由に転職を考えるのであれば、以下のような回答例が参考になります。

医師の転職理由の上手い回答例
  • これまで決められた通りにしか動けない環境で、自ら成長するためには進んで行動していくことが必要だと考えています。何事も基本は特に重要で、御社でさらなるスキルアップを目指したいと考えています。
  • 私は周りと連携しながら仕事を進めるのが好きなタイプです。チーム一丸となって目標に進み、達成することにやりがいを感じ、この度退職を決意しました。

医師の転職理由の上手い回答例④家庭の事情

引越しや子供ができたりなど、家庭の事情で転職をする場合は以下のような回答例が参考になります。

医師の転職理由の上手い回答例
  • 子供ができたことにより、家庭と両立しながらの生活を大切にしたいと考え、退職を決意しました。
  • 子供の教育環境を良くするために転居を考えているため、この度転職を決意しました。

医師が転職で失敗する理由4選

医師転職理由_失敗する理由

転職をする時に、より良い条件下で働きたいと思うのは必然です。

しかし、求職者全員が必ず自分の条件に全てマッチする職場への転職ができるとは限りません。

ここでは、医師が転職で失敗する理由について紹介します。

読者

入職後に後悔しないように、転職に失敗するケースを事前に把握しておきましょう。

医師が転職で失敗する理由①情報収集が不十分だった

転職先の情報収集を怠った状態で転職をしても、転職後に失敗してしまう可能性が高いです。

特に、求人の情報だけを見て応募するのは危険です。

基本的に求人に掲載されている情報には良い情報しか記載されていません。

また、人間関係や施設の内部状況についての記載はなく、入職後に「思っていたのと違う」と転職を後悔するケースは多いです。

表面の情報だけでなく、口コミや現場の雰囲気、人間関係などの内部事情を調べてから応募するようにしましょう。

医師が転職で失敗する理由②給料だけで転職先を選んでしまった

給料や待遇の良さは転職先選びで重要なポイントですが、それだけで決めてしまうのは危険です。

給料が良くても実際に入職してみるとハードワークが続いたり、人間関係が悪くストレスが溜まって体調を崩してしまう可能性もあります。

また、待遇が良くても、実際に有給や休暇が取りやすいかどうかは別の話なので、注意してください。

給料や待遇で選びながら、その他のポイントも良く考えて応募先を選ぶことが大事です。

医師が転職で失敗する理由③人間関係が合わない

人間関係が理由で転職する人は多いですが、転職しても人間関係が合わないことは多いです。

人間関係による問題は医師だけでなく他の業種、業界でも問題となっています。

また、人間関係は実際に入職してみないと分からない点でもあります。

前職での人間関係が切れても、転職先で新たな人間関係の問題が出てくることもあるので、注意してください。

医師が転職で失敗する理由④知人からの紹介で失敗

知人からの転職では、失敗する可能性が高いです。

「知人が働いている」「知人のコネで入職できる」という職場もありますが、知人の紹介だからといっても良い環境とは限りません。

実際に入職してみると「人間関係が悪い」「ハードワークだった」と転職を後悔するケースも多いので、注意してください。

医師が転職を成功させるには転職エージェントの利用がおすすめ

医師転職理由_成功するには

「今の職場でこれから先も働き続けていいのか」「本当に希望に合う転職成功を実現できるか不安」などの悩みを抱えている人には、転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは自分の条件に合う求人を探してくれたり、求職者の抱える悩みや不安に寄り添い、転職成功へと導いてくれます。

ここでは、転職エージェントを使うメリットについて紹介します。

読者

転職成功を実現したいなら、転職エージェントの活用は必須です。

転職エージェントのメリット①非公開求人を紹介してくれる

転職エージェントを利用すると、一般に公開されていない非公開求人を紹介してもらえます。

転職エージェントは大手企業や優良企業などの多数の求人情報を保有しており、自分が希望する条件にマッチする求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

また、通常転職するとなると自分で求人を探して応募する必要がありますが、転職エージェントでは自分の条件を伝えるだけで条件にマッチする求人を提案してくれます。

そのため、日々忙しく働く医師にとっても手軽に転職活動を始めることができる点が大きなメリットと言えるでしょう。

転職エージェントのメリット②応募前に企業の内情を把握できる

転職エージェントでは、各キャリアアドバイザーは気になる求人元の企業や医療機関の内部事情を伝えてくれます。

例えば、給与面や残業の実体、人間関係、有給の取得率など、自分では調べられないような企業の内部事情が把握できます。

これにより、実際に入職した後のミスマッチを防ぎ、これまで以上に良い環境で働きやすくなるのです。

転職エージェントのメリット③応募書類の添削をしてくれる

転職エージェントでは応募時の履歴書や職務経歴書の添削サポートを無料で受けられます。

企業に好印象を与える文言や面接官に良い印象を与える書き方など、初めての人にも優しくサポートしてくれるので、安心して転職活動を進めることができます。

キャリアアドバイザーはこれまで何人もの医師を転職成功へと導いてきたプロなので、安心して任せられるでしょう。

転職エージェントのメリット④内定後に条件交渉をしてくれる

転職エージェントを通して内定が決まれば、自分の代わりに年収や労働時間の交渉をしてもらえます。

給与面や労働時間に関しては自分では交渉しづらい部分でもありますが、代わりにキャリアアドバイザーが交渉してくれるので、交渉がしやすいです。

必ず条件通りになるわけではないですが、ダメ元でも交渉ができる点は転職エージェントを使う大きなメリットと言えるでしょう。

転職エージェントのメリット⑤無料で利用できる

転職エージェントは求人の紹介や書類添削、条件交渉までさまざまサポートが無料で受けられます。

転職エージェントの運営会社は利用者ではなく求人を掲載する医療機関から手数料や報酬をもらっています。

そのため、一切費用をかけずに転職サポートが受けられる点も大きなメリットと言えるでしょう。

医師におすすめの転職サイト・転職エージェント

医師転職理由_おすすめ

転職エージェントのメリット
  • 医師転職サイトランキング1位:M3キャリアエージェント
  • 医師転職サイトランキング2位:マイナビDOCTOR
  • 医師転職サイトランキング3位:民間医局

医師転職サイトランキング1位:M3キャリアエージェント

医師転職理由_M3

出典:M3キャリアエージェント

総合評価 ★★★★★
求人数 41,440件(※2024年実績)
求人の質 ★★★★★
実績 ★★★★★
M3キャリアエージェントのおすすめポイント
  • 医師会員31万人以上
  • 転職希望医師の登録実績10年連続No.1※
  • 丁寧で親切なカウンセリング
※m3.comCAREERでの医師登録数(2022年12月現在)

M3キャリアエージェントは医師会員数31万人以上を誇る大手医師転職支援サービスです。

取り扱っている病院医師求人数は日本最大級で、医師専門のコンサルタントが医師の転職をサポートしてくれます。

コンサルタントは全員医療経営士の取得が義務付けられており、経営的な視点で条件交渉をしてくれるので、より好条件で転職できる可能性が高いです。

◎メリット ×デメリット
・キャリアコンサルタントが医療経営士の資格を保有している
・病院の内部事情が分かる
・地方の求人が少ない
・連絡がしつこいことがある

公式サイト:https://agent.m3.com/

運営会社 エムスリーキャリア株式会社
総求人数 41,440件以上(※2024年実績)
対応エリア 全国
対応診療科目 【内科】
一般内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、腎臓内科、血液内科、心療内科、神経内科、内分泌内科、老人内科
【外科系】
一般外科、消化器外科、心臓外科、呼吸器外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、リハビリテーション科
【その他】
小児科、産婦人科、婦人科、精神科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、乳腺外科、泌尿器科、放射線科、人工透析、麻酔科、美容外科、人間ドック・検診、救急、治験
対応施設 一般、療養型、精神、老健、ケアミックス、クリニック、産業医(企業)、製薬企業、CRO、その他
対応雇用形態 常勤・非常勤・スポット

医師転職サイトランキング2位:マイナビDOCTOR

医師転職理由_マイナビ

出典:マイナビDOCTOR

総合評価 ★★★★★
求人数 28,000件以上(※2024年実績)
求人の質 ★★★★★
実績 ★★★★★
マイナビDOCTORのおすすめポイント
  • 医療機関の取引先2万件以上
  • 年収2,000万円以上などの好条件求人多数
  • マイナビだから紹介できる非公開求人の充実

マイナビDOCTORは医療系転職支援サービスで業界トップクラスの実績を誇るマイナビが運営している医師転職サイトです。

医療機関の取引先は2万件以上で、マイナビだから紹介できる非公開求人も充実しています。

また、年収2,000万円以上、日給12万円以上などの好条件求人を多数取り扱っているのも魅力です。

◎メリット ×デメリット
・大手として安心感がある
・交渉力が高い
・企業からの求人はあまり多くない
・非公開求人が多く、登録しないと分からない情報が多い

公式サイト:https://doctor.mynavi.jp/

運営会社 株式会社マイナビ
総求人数 28,000件以上(※2024年実績)
対応エリア 全国
対応診療科目 【内科】
一般内科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、腎臓内科、血液内科、心療内科、神経内科、内分泌・代謝内科、老年内科、アレルギー科、リウマチ科、膠原病科
【外科】
一般外科、消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、脳神経外科、乳腺外科、整形外科、美容外科、形成外科、泌尿器科、小児外科、大腸・肛門外科
【その他】
精神科、小児科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、麻酔科、放射線科、産婦人科、婦人科、産科、人工透析科、緩和ケア科、リハビリテーション科、総合診療科、美容皮膚科、健診・人間ドック、救急科・ICU、病理科、基礎医学系、スポーツ整形外科、ペインクリニック
対応施設 一般、療養、・精神、老健、ケアミックス、クリニック、産業医(企業)、CRO、その他
対応雇用形態 常勤・非常勤・スポット

医師転職サイトランキング3位:民間医局

医師転職理由_民間医局

出典:民間医局

総合評価 ★★★★★
求人数 30,000件以上(※2024年実績)
求人の質 ★★★★★
実績 ★★★★★
民間医局のおすすめポイント
  • サポート充実
  • 複利厚生サービスを会員優待価格で
  • 高給与の求人を多数掲載

民間医局は会員数15万人以上を誇る転職サイトで、専任のエージェントが医師の転職活動をサポートしてくれます。

ワークサポートやビジネスサポートなどの転職を考える医師にとって嬉しいサポートが各種充実しており、ただ転職するだけでなく将来のビジョンを見据えたうえでの転職も叶います。

また、民間医局登録者は家事代行や旅行などを会員優待価格で利用できる点も魅力です。

◎メリット ×デメリット
・女性医師の成約実績が多数
・地方求人にも強い
・対応の悪いコンサルタントもいる
・地域によっては求人数が少ない

公式サイト:https://www.doctor-agent.com/

運営会社 株式会社メディカル・プリンシプル社
総求人数 30,000件以上(※2024年実績)
対応エリア 全国
対応診療科目 【内科】
内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、呼吸器内科、心療内科、リウマチ科、総合診療科、糖尿内科、腎臓内科
【外科系】
外科、整形外科、脳神経外科、消化器外科、形成外科、呼吸器外科、心臓血管外科、乳腺・内分泌科
【その他】
麻酔科、産婦人科、精神科、眼科、小児科、皮膚科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、放射線科、リハビリテーション科、救命救急科、緩和ケア科、美容皮膚科
対応施設 病院、クリニック、老健、企業、その他
対応雇用形態 常勤・定期・スポット

医師転職の理由まとめ

今回は医師の転職理由や転職した方が良い人の特徴、おすすめの転職方法などについて詳しく紹介してきました。

現在さまざま理由で転職を考えている医師や、なかなか転職に踏み切れずにいる医師は多いです。

転職すべきか悩んだら、一度転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーに相談するのがおすすめです。

キャリアアドバイザーは数多くの医師を転職成功に導いてきた多くの実績がある転職のプロです。

無料でサポートを受けることができ、一般公開されていない好条件・好待遇の求人も多数保有しているので、条件に合う求人が見つかるはずです。

転職成功には転職エージェントの活用が必須とも言えるので、一度登録するところから始めてみてはいかがでしょうか。

※本記事はマイナビ社とのタイアップ記事となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です